第七章 遺言 新旧対照条文

民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)令和2年4月1日施行【e-GOV】
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について/法務省
新旧対照条文【PDF】


ダウンロード
標準 1.25 1.5 1.75 2.0

第四節 遺言の執行

(遺言執行者の権利義務)
第千十二条 遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。
 第六百四十四条、第六百四十五条から第六百四十七条まで及び第六百五十条の規定は、遺言執行者について準用する。

(遺言執行者の復任権)
第千十六条 遺言執行者は、やむを得ない事由がなければ、第三者にその任務を行わせることができない。ただし、遺言者がその遺言に反対の意思を表示したときは、この限りでない。
 遺言執行者が前項ただし書の規定により第三者にその任務を行わせる場合には、相続人に対して、第百五条に規定する責任を負う。

第千十八条 家庭裁判所は、相続財産の状況その他の事情によって遺言執行者の報酬を定めることができる。ただし、遺言者がその遺言に報酬を定めたときは、この限りでない。
 第六百四十八条第二項及び第三項並びに第六百四十八条の二の規定は、遺言執行者が報酬を受けるべき場合について準用する。

<スポンサーリンク>

第三編 債権 新旧対照条文(5)へ

民法 新旧対照条文へ→民法 新旧対照条文へ